構図②_遠近法を利用した描き方(構図②_遠近法を利用した描き方.pdf)

 この教材は当教室の小学校受験絵画工作対策コースのレッスンの指導内容を、テーマ別でご家庭用教材として作成したものです。

 慶應義塾幼稚舎や横浜初等部、早稲田実業学校初等部、東京女学館小学校等絵、画試験が出題される小学校を志望されるご家庭では、光る作品を目指して早くから取り組みを始められているかと存じます。

 人物の描き方や動いているときのポーズ、動物の絵など、ある程度までは多くの子供たちが描けるようになると思います。ですが、入試本番でたくさんの作品が並ぶ中、光る作品をと考えたときに、皆が描くような同じ絵では印象には残らないでしょう。そのため構図で悩む家庭は少なくありません。

 この教材では単に見本を真似するのではなく、遠近法の考え方を親子でご理解いただき、どのようなお題が出ても、自然と遠近法が活用できるようになっていただけるよう考えて作成致しました。

 一部、練習用のシートも用意していますので、お試しいただければと思います。

全16ページ


<教材使用時期の目安>
・人物の顔、体、正面や横のポーズ、簡単な座っているポーズなど基本的なものが描けること。
・動物、虫、魚、食卓やお弁当などいくつか描けるものがあること。


【ご購入後のダウンロード方法】
購入後のメールに記載されているURLをクリックして頂くとダウンロードすることが可能です。ご注文後から3日間・3回までダウンロードすることが可能です。なお、携帯電話・スマートフォンやタブレットなどは正常にダウンロードできない可能性があるため、PCからダウンロードしてください。

¥ 1,200

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※こちらの商品はダウンロード販売です。(722780 バイト)

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。